コンプガチャ過払い問題

2012年5月18日。コンプリートガチャ(以下:コンプガチャ)を消費者庁が正式に違法と判断した。

コンプガチャとは

コンプガチャとは「コンプガチャで「過払い請求」を知った」でも触れているが、ソーシャルゲームでのアイテム課金のことである。

ユーザーがソーシャルゲーム内でガチャガチャ(くじ引き)を有料でし、その結果一定のアイテムを集められると、更にレアなアイテムを手に入れられるというものである。

ゲームを熱心に行う人にとっては、レアなアイテムは喉から手が出るほど欲しいものである。

これらのゲームの中には子どもが夢中になりそうなゲームが数多くある。そのため、今までにも多額の請求をされたという事例が報告されていた。

2012年7月から違法

今回の消費者庁の決定では、6月末までコンプガチャ廃止の猶予期間を設けることとなり、7月からは正式にコンプガチャを違法として取り扱うことになった。

そのため、各ソーシャルゲーム会社はコンプガチャを廃止することを表明している。

今までの過払い金はどうなるのか?

この点が問題です。今後のニュースに注目したいです。

岡田法律事務所

このページの先頭へ