和解書の原本をもらう

数年前、富山県の司法書士が依頼人をだまし、返還された過払い金を着服したという事件が起こりました。

過払い金が返還される=和解=和解書作成

過払い金が返還されるということは、依頼人と貸金業者の間で「和解が成立するため」です。和解が成立したときには、「和解書」が作成されます。

この事件では、その和解書を司法書士がコピーをし、返還された金額を改ざんし、実際の返還額よりも少ない金額にし、更にコピーをして依頼人に渡していたそうです。

和解書の原本をもらう

貸金業者との和解書の原本を必ずもらうようにしましょう。コピーではいけません。

これは当然の権利です。

⇒参考記事掲載サイト「一体おいくら支払い過ぎたのかしら?

アヴァンス法務事務所

このページの先頭へ