貸金業者と契約した際の契約書がない

貸金業者と契約したときの契約書がなくても、過払い金返還請求は出来ます。あった方が代理人は交渉をしやすいという点は否めませんが、そこまで大きな問題ではありません。

理由としては、過払い金返還請求をする際にまず行うことは、「取引履歴」を取り寄せることです。

貸金業者の方には、取引した履歴がしっかりと残っています。そして貸金業者には取引履歴の開示義務があります。開示を拒否することは違法となります。

そのため、取引の事実が存在していれば、必ず貸金業者には取引履歴が残っているのです。そして、取引履歴が残っているということは、その貸金業者と契約をしたという事実があるわけなので、契約書を交わしたということは証明されます。

アヴァンス法務事務所

このページの先頭へ