メディアで広告を頻繁に出している司法書士や弁護士は大丈夫?

競争が激化している

一つ言えることは、競争が激化している状態であるということです。

過払い金に関しては、貸金業者が倒れてしまったら、いくら過払い金が発生していたとしても、返還されなくなってしまう可能性があります。貸金業者が倒れる前に、なるべく早くに返還請求の行動を起こす必要があります。

そのため、広告を出すことで、依頼人を増やしている事務所が多数あります。

システム化されている。でも・・・

広告を出して、大量に依頼人を集めているとなると、事務所内でシステム化し、効率よく処理していると考えられます。現実問題として、そうでもしないと広告費自体も回収できません。

システム化自体は良いことなのですが、流れ作業になっていては困ります。過払い金の返還請求は、依頼人にとってみれば一生の内で何回もないことですし、不安を抱えて相談をしに来ています。

なので、親身に相談を受けてくれるかどうかが大事なポイントです。

細かいところまで説明をしてくれる代理人選びが必要

このように、メディアに多く露出しているから、信頼できる事務所であるかどうかは分かりません。

一番のおススメの代理人は、

「しっかり説明してくれ、些細な質問にも丁寧に答えてくれる」

ことだと思います。

参考⇒「正しい代理人の選び方

アヴァンス法務事務所

このページの先頭へ