過払い金返還請求を行うとブラックリストに載りますか?

よくこのようなことを耳にします。

「過払い金返還請求を行うとブラックリストに載ってしまう」

というような内容です。

これは返還請求を行う人の状態にもよります。

一般的に言うと

代理人から聞いた話では、一般的に過払い返還請求を行う人は、一度完全に返済が終わっている人が行います。そういった場合は、返還請求を行ってもブラックリストに載ることはないそうです。

なぜなら、過払い金が発生していること自体が貸金業者が違法な状態であるため、余分に払ったお金を返還請求するのは当然のことだからです。

現在返済をしている場合

例えば、現在貸金業者と取引を続けているとしましょう。まだ、100万円借りている状態で返還請求を行い、90万円が戻ってきたとします。その戻ってきた90万円を返済し、残りの負債を10万円まで減らしたとします。

こういった場合は、ブラックリストに載る可能性があるようです。ブラックリストに載ると、新たに借金をすることは出来ないし、ローンを組むこともできません。

ただし、貸金業者から催促の電話が多く、精神的にまいっている人は、代理人を立てて、返還請求を行っても良いと思います。ブラックリストには載るかもしれませんが、貸金業者からの催促はなくなりますし、残りの負債も一気に減らせるためです。

どちらを選ぶのか。

  • 一度、頑張って返済した後に過払い金返還請求を行う。(貸金業者が破綻しないことが前提)
  • ブラックリストには載る可能性が大きいが、催促を止めるため、負債を一気に減らすために過払い金返還請求を行う。

どちらにするのかは、それぞれ各個人の状況によります。

アヴァンス法務事務所

このページの先頭へ