最終話 ありがとう

ごめん「ごめんね。」

僕は妻に返還されたお金を母親に返したことを話した。

「いいよ別に。」

その妻の一言に救われた。

妻も僕の借金返済に協力してくれた。

本来なら、妻に渡すべきお金だったのかもしれない。それなのに特に咎めもしない妻。本当に僕は幸せ者だ。

周りの人の協力なしでは生きては来れなかった。多くの人に助けられて今ここにいる。

そう、強く実感したのだった。

ありがとう、母さん

数日後、銀行へ通帳の記帳へ行き、僕は驚いた。記帳された通帳に、母親からお金が振り込まれていたのだ。

それも僕が母親に渡したお金がそっくりそのまま。

「何で!?」

驚いて母親に電話をした。

電話に出た母親はこういった。

「老後の貯蓄くらいちゃんとしているよ。私はお金の管理がしっかり出来るからね。そのお金は孫の学費に使いなさい。今度はあなたがしっかりお金の管理をするんだよ。あなたも父親でしょ。」

ちょっと嫌味を込めた、それでいて愛情のこもった言葉に胸を打たれた。

「ありがとう。」

「何言ってんの。親が子どもを助けるのは当然でしょ。」

もう駄目だ。

次々に涙がこぼれてきた。

この件で、僕はどれだけ涙を流しただろう。どれだけ周りに迷惑をかけてきただろう。何度、周りからの愛情の強さを感じただろう。

「ありがとう・・・」

かすれそうな声で感謝の言葉を絞り出し、静かに電話を切った。

アヴァンス法務事務所

このページの先頭へ