第1話 始まりはここから

まさかこんなことになるとは思わなかったんだ。

軽い気持ちで始めたことが、こんなにも自分を追い込み、周りの人を悲しませるなんて・・・。

始まりは北の大地 北海道は札幌

過払い金返還物語始まりはここから

北海道札幌。

冬の札幌の寒さは厳しく、屋外の温度計はマイナス8度を表示していた。

狸小路商店街から、ロビ地下を抜け、地下鉄南北線で家路を急いだ。

深澤貴斗 21歳。出身は新潟県。現在、札幌にある大学に通っている。実家は母子家庭で、2人兄弟。2つ下に弟がいる。

高校卒業後、家庭の状況を考え就職しようと考えていた。しかし母から大学へは言っておくべきと強く説得され、北海道の大学を選んだ。

経済的に苦しい状態だった実家のことを考え、大学の学費は奨学金に頼った。足りない分は前借りということで、母親が学費のためにと貯めておいてくれた貯金を仕送りしてもらっていた。

正直心苦しかった。だからこう言った。

「大学の授業に余裕があって、結構アルバイトの時間を確保できるんだ。仕送りは当分いいよ。実家も裕福じゃないんだから、仕送りする予定のお金は家のために使ってよ。」

大学へと進学させてくれた母への、せめてものお礼のつもりだった。

アルバイトで生計を立てていたが・・・

学費を捻出するために居酒屋でアルバイトを始めた

こうして、アルバイトで稼いだ分だけで生活費を捻出するようになった。

毎日学校が終わった後、地下鉄を利用して、札幌の狸小路商店街にある居酒屋でアルバイトをしている。

でも、正直アルバイト代だけで、一人暮らしをするのは正直難しかった。

時給700円。1日5時間、土曜日は8時間。

1ヵ月で約9万円~10万円ほど稼ぐことが出来たが、正直生活は非常に困難だった。家賃が滞納気味になっていった。削れるのは食費だけ。自炊を徹底し、作り置きするようにした。

それでも生活の苦しさに変化はなかった。

「どうしたものか・・・。家庭の状況を考えても母親にお金の話は出来ない・・・。」

苦しい生活は続く

日々の生活は過ぎて行く。

一向に生活状況が改善されることはなかった。

雪が降りしきる札幌の夜。町中にはキラキラと輝く看板が並んでいる。ふと、その中でも一段と大きな看板が目に飛び込んできた。

大手貸金業者の看板だ。

もし僕がお金に困っていなければ特に目をとめることも事もなかったであろうこの看板。でも、その時の僕には救いの手を差し伸べているように見えた。

「少しくらい借りても・・・。いや駄目だ。」

心の中で葛藤があった。

葛藤の理由は分かっていた。他人からお金を借りるということに抵抗があったのだ。

でも・・・。

葛藤・・・そして

数日後、僕はその看板のあった店舗内にいた。

この数日、自分の中で葛藤してしていたのだ。お金を借りるのか借りないか。

そんな中、自分の中で結論に達した。

「お金が必要。他人から借りたくない。でも、奨学金は借りている。他人から借りている。では、奨学金も貸金業者も同じではないか?良し借りよう。」

ある意味都合の良い結論。

その結論が正解であるのかそうでないのかを正しく判断する経済状況ではなかった。

僕は貸金業者からお金を借りるという選択をしたのだ。

簡単に作れるキャッシングカード

店舗内と言っても、人がいるわけではなかった。機械がただ置いてあるだけ。いわゆる無人契約機というやつだ。そして目の前には書類がある。それに必要事項を記入していく。

住所、氏名、年齢、家族構成、年収、職場等・・・。かなり詳細に記入していかなければいけない。

記入し終えた書類は、無人契約機に読み込ませる。また、個人を証明できる書類(運転免許証・健康保険証など)も読み込ませる。

どうやら読み込ませた書類を元に審査をしているようなのだ。

所要時間約30分。

カードが発行されて終了。案外簡単なものだった。人生初のカード。少し興奮をしていた。大人になった感じがした。

キャッシングマシーンを初めて使ってみた。

早速発行されたばかりのカードを使ってお金を借りてみた。限度額は10万円。10万円までならいくらでも引き出すことが可能だ。手始めに3万円引き出してみた。

本当に引き出せるのか?

カードをキャッシングマシーンに入れ、暗証番号を押し、後は画面に表示された指示通り、ボタンを押していく。

「3・・万・・円っと」

ガシャガシャガシャガシャ・・・。

キャッシングマシーンの中でお金を数える音がする。

音が止んだ。それと同時に目の前のフタが開く。

「おぉ・・・!」

思わず声が漏れた。目の前にお金がある。それを手にした僕は更に興奮した。

アヴァンス法務事務所

このページの先頭へ