借金には時効がある

借金にも時効があるのをご存知でしょうか。時効が成立することで、借金を返済しなくても良くなるのです。但し、借金の時効を成立させるためにはいくつかの条件を揃えなければなりません。

  • ある一定の期間、借金返済をしていないこと。
  • 時効を利用することを貸金業者に通知する。

物凄く簡単に言うと『しばらく借金をしていないと借金が無くなる可能性がある。』と言うことです。

簡単に条件を挙げると以上のようになります。

一定期間借金返済をしていないこと

貸金業者からお金を借りていた場合、時効は「5年」となります。貸金業者以外からお金を借りていた場合には時効が「10年」となります。

今回は「貸金業者からお金を借りた場合」を例にしてお話します。

貸金業者からお金を借りている場合、最後にお金を借りてから5年が経過すると時効となります。まずこれが基本です。問題は「時効が中断」することがあるのです。時効が中断してしまった場合、時効の期間がゼロからスタートになります。

では、どういった場合時効が中断するのかを説明します。

  • 貸金業者が裁判所に訴訟を起こした場合。
  • 貸金業者があなたの財産に対し、差し押さえや仮差押え・仮処分を行った場合。
  • あなたが借金があることを認めた場合。

この中で一番可能性として高いのが、「借金を認めた場合」です。ほんの少しのお金でも返済すれば、それは借金があると認めたことになります。また、返済を待ってくれるようにお願いする行為自体も借金があることを認めることとなってしまいます。

なので、裁判を起こされたり差し押さえをされた場合は時効中断になってしまいどうしようもありませんが、そうでない場合は、「借金があることを一切認めないこと」が時効を迎えるための秘訣となるのです。

また、時効期間が過ぎたとしても、借金があったことを認めてしまうと「時効援用権喪失」と言うこととなり、また時効期間がゼロからスタートしてしまうことがあります。

と言うように、借金の時効を成立させるためには、様々な条件が絡み合ってきます。

時効を利用することを貸金業者に通知する。

時効期間が過ぎたとしても時効は成立しません。時効を成立させるためには、貸金業者に通知をしなければいけません。それを「時効援用」と言います。これを行うことで、時効が成立し、借金を返済しなくても良くなるのです。

但しこれはあまり知られていません。時効期間が過ぎたのに、時効援用の手続きを行わなかったばっかりに、もしくは借金があることを認めてしまったばっかりに、時効が成立しないということがあるのです。

なので、時効期間である5年が過ぎたらすぐに時効援用の手続きを行う必要があるのです。

アヴァンス法務事務所

このページの先頭へ