元貸金業者がススメる賢い借金生活方法

元貸金業者の社員でありながら、私自身も借金ライフを長らく送っておりました。そんな私がおススメする正しい借金の方法とは、「色々な会社から借金をするのではなく、おまとめローンにすること」です。

おまとめローンがおススメな理由

数社から借金をしていると、実際、「どれだけ自分が借りているのか」また、「どれくらいで完済出来るのか」把握しにくいですよね?しかし、それを一本化することにより、どれくらいの額が残っていて毎月どれくらいの額を返していくとどれくらいの期間で返せるのか、
すぐに把握することが出来ます。


一番最悪なのは、「借金を返すお金が無くて、その返済金を他の消費者金融で借入してそのお金で返済をする・・・」と言うのが、一番悪いですね。負のスパイラルです。そうなると、だんだん借金が増えていきます。借入枠もそれだけ増えますので、負のスパイラルに入ってしまったらそれだけ、自由に使えるお金が増えたと勘違いしてしまうのです。おそらくしばらくすると、枠内一杯の借り入れになります。


返済する為だけにちょっと借りたはずがもう枠内イッパイイッパイですので、借金の額だけが増えると言うわけです。そういう、負のスパイラルに入る前に、入りそうになったら是非、一本化を検討してみてください。

過払い金返還請求について

私が借金生活を送っていたのはもう10年以上も前の話です。私が足を踏み入れた時には
延滞すると金利が40%位付いていたように記憶しています(記憶違いでしたらすみません)。大手の金融会社も街金業者もそんなやりたい放題出来た頃ですから、「過払い金返還請求」がここまで定着してくるとは思ってもいなかったのかもしれません。


名義貸しもしていましたから、結局全て完済し終えたのは今から5年前です。やっと、借金から足が洗えると内心ホッとしました。それが、最近になって過払い金返還請求が注目されるようになったのでどうしようか迷いました。私が借りていた頃は、今の比ではないくらい金利が高かったですから、かなり期待が高まりました。


でも、私自身で借金をしていた分は、もう完済してから10年近く経っていましたので、
諦めていたのです。対象は、名義貸し分です。人の名義で借金をしておいて、返済が遅れたりしていたので、かなり腹立たしい思いをしました。(名義を貸した私が悪いんですが・・・)


結論から言いますと、私は過払い金返還請求をしませんでした。もう借金の嫌な思い出を蒸し返したくなかったという理由です。正しく計算をしたわけではありませんが、相当な過払い金が発生していることだと思います。ですから、返還請求をしないのは愚かなことだと思われるかもしれません。


しかし、それ以上に、借金をしていた時の生活を思い出したくないのです。そして今の生活を大切にしていきたいのです。なので、客観的に考えれば、借金経験がある方は返還請求をした方が良いと思います。特に完済している方は、特にリスクがあるわけではありません。噂になったブラックリストに載るわけでもありません。ただ、完済していない方は少し考えたほうが良いかもしれません。借金は減ったり無くなったりするかもしれませんが、ブラックリストに載る可能性があります。(ブラックリストに載ったとしても一定の期間が過ぎれば載らなくなりますが)


後、私のように借金の思い出を蒸し返したくない人は、私と同じ選択をしても良いかもしれませんし、逆に返し過ぎた分は1円でも多く取り戻してやるといった気持で行動しても良いかもしれません。人それぞれと言うことでしょうね。

« 貸金業者の内情について | ホーム

このページの先頭へ