完済してから10年以上経過している

過去に貸金業者との取引があった方で、完済をしてから10年以上経過していると、過払い金の返還請求をすることが出来ません。


これは過払い金請求の時効に当たるためです。そのため、貸金業者に過払い金の返還請求をしても『消滅時効』を主張される可能性が高いです。

消滅時効は貸金業者との取引が終了してから10年となるので、例えば平成20年に取引が終了しているようであれば、平成30年まで過払い金の返還請求をすることが出来ます。


「完済した時期が定かではない!」


という方もいるとは思いますので、そういった場合には一度司法書士や弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

過払い金返還請求における失敗

過払い金は発生している限り、適切な対処さえすれば通常戻ってきます。お金が戻ってくるのだから、「過払い金返還請求が成功した!」と思われるかもしれませんが、そうとは限りません。


参照:⇒過払い金 返還請求が失敗した場合


ここでも説明している通り、「時効」を迎えてしまうと、いくら過払い金が発生していても返還されなくなってしまうのです。なので、返還請求をしたいと考えている人はすぐに行動に移した方が良いでしょう。


また、返還する時期を先延ばしにすればするほど、返還される金額に影響を及ぼす可能性もあります。


参照:⇒過払い金返還請求はすぐに行った方が良い?


ということもありますので、早めの行動をおススメします。

アヴァンス法務事務所



« 貸金業者と契約した際の契約書がない | ホーム | 代理人をお願いする費用を工面できない »

事例一覧

過払い金返還請求の行動を起こしたからこそ、戻ってきたお金

孫と笑顔で接することが出来る環境が今ではあるのが嬉しい

失われた時間は戻らない。過去にと捉われず、新しくスタート!
※実際の体験者の方の声を掲載させていただいています。

このページの先頭へ