代理人をお願いする費用を工面できない

過払い金請求で必要な代理人は「司法書士」もしくは「弁護士」です。そして、彼らの報酬は返還された過払い金から支払うため、それ以前に費用が発生するということは一般的にはありません。


「司法書士」や「弁護士」の報酬が高い!

そう思われる方がいるようですが、決してそんなことはありません。いわゆる「数字のマジック」です。

代理人報酬は20%前後

どの代理人の事務所も、代理人報酬は返還された過払い金の20%前後となっています。


そのため、返還された過払い金額により、代理人に支払う報酬額に大きな開きが出てきます。



  1. 過払い金返還額10万円・・・代理人報酬2万円
  2. 過払い金返還額100万円・・・代理人報酬20万円
  3. 過払い金返還額1000万円・・・代理人報酬200万円


③だけに注目すれば代理人報酬は高いと感じるかもしれません。しかし①~③まで代理人の報酬割合は同じ20%です。変更していないのです。


また、過払い金返還請求をしなければ1年も戻ってこないものを、③で考えると代理人報酬を200万円支払っていても、その残りは手元に戻ってくるのです。


いずれにせよ、過払い金が発生していることが分かり、返還されるまでにあなたの資産がマイナスになることはありません。

アヴァンス法務事務所



« 完済してから10年以上経過している | ホーム | 遠距離でも代理人をお願いできますか? »

事例一覧

過払い金返還請求の行動を起こしたからこそ、戻ってきたお金

孫と笑顔で接することが出来る環境が今ではあるのが嬉しい

失われた時間は戻らない。過去にと捉われず、新しくスタート!
※実際の体験者の方の声を掲載させていただいています。

このページの先頭へ