過払い金返還請求と司法書士

過払い金返還請求をする時に関わる業種としては、「司法書士」「弁護士」があります。つまり過払い金返還請求をする人の『代理人』となるわけです。

司法書士と弁護士のどちらに代理人を頼めばいいのか

司法書士と弁護士のどちらに代理人になってもらうかは、発生している過払い金の金額によって決まってきます。

引き直し計算を行ったうえで、発生している過払い金の金額が140万円以下であれば代理人として司法書士もしくは弁護士。過払い金の金額が140万円を超えてしまった場合には弁護士が代理人となります。

つまり弁護士であれば過払い金の金額に関係なく対応してくれるということになります。

判断基準は?

ここが難しい所なのですが、判断基準が色々あります。簡単にあげると次の通りです。

  • 貸金業者との取引の年月
    長ければ長いほど過払い金額が多い可能性がある。
  • 借りていた金額
    金額が多ければ多いほど発生している過払い金の金額が多い可能性がある。

もしもこの2つに当てはまるようであれば、初めから弁護士に代理人をお願いしたほうが良いかもしれません。


なぜなら、過払い金額が多ければ多いほど、貸金業者も支払いをしたくないわけです。そのため、なるべく返還する金額を少なくしようと、交渉してくるわけです。

しかし、その交渉がこじれてしまうと「裁判」となるわけです。裁判と言えば弁護士でしょう。交渉力や法律面から考えると弁護士の方が優位と考えられます。

債務整理のエキスパート弁護士事務所

代理人費用はどちらか安い?

これは事務所によって異なります。司法書士だから代理人費用が安いとか、弁護士だから高いとかそういったことはありません。

はじめに確認を!

最近では、司法書士も弁護士も初めの相談は無料となっています。

その時に確認したいことは、次の通りです。

  • 初めに必要な費用はあるのか?
  • 着手金はあるのか?ないのか?
  • 着手金があるとしたらいくらなのか?
  • 報酬は返還された過払い金の何%なのか?

これらはしっかりと確認しておきましょう。事務所によってバラツキがありますので、確認をして少しでも多くのお金があなたの元に戻ってくることが大事です。

でもね・・・

代理人としてお勧めするのは「経験豊富で交渉力がある代理人」です。代理人の交渉力次第で、返還される金額がかなり変わってくるのです。

しかし、過払い金返還請求は人生の内で何度もすることではありません。なので、どの事務所が力があるかはなかなか判断できるものではありません。そういった時に私のおススメする判断基準は以下の通りです。

  1. 経験年数
    長年の経験に勝るものはありません。
  2. 宣伝を行っている
    宣伝を行っているということは広告費用があるということです。広告費用があるということは、事務所に利益があるということです。利益があるということは沢山の仕事を成功させているということです。

これはあくまでも一例です。

結局は自己判断

最終的にはご自身で決定しましょう。どんな結果になろうとも悔いの残らないようにしましょう。お金を借りたのはあなたの判断です。そして支払い過ぎたお金を取り戻すものあなたの判断です。

あなたの人生です。

アヴァンス法務事務所



« 過払い金請求で明細がないのですが | ホーム | 過払い金 過払していなかったら »

事例一覧

過払い金返還請求の行動を起こしたからこそ、戻ってきたお金

孫と笑顔で接することが出来る環境が今ではあるのが嬉しい

失われた時間は戻らない。過去にと捉われず、新しくスタート!
※実際の体験者の方の声を掲載させていただいています。

このページの先頭へ