過払いが発生しているか分からないのですが?

過払い金が発生しているのかどうかは、取引をしていた貸金業者に「取引履歴」の開示請求を行い、取り寄せた取引履歴に掲載されている記録から、「引き直し計算」しないとなかなか分かりません。

1つでも当てはまれば過払い金が発生している可能性あり


取引履歴

「取引履歴」は、あなたが貸金業者と取引があった際に、いつ、いくら借りたのか?いくら返したのか?など、詳細に記録されているものです。

引き直し計算

「引き直し計算」とは、利息制限法に定められた法定利息で計算し直すことです。これを行うことにより、正しい利息額が判明します。つまり過払い金が発生しているのかどうかが判断できるようになります。


「取引履歴」を貸金業者から取り寄せるのも、「引き直し計算」を行うのも、あなた自身で行おうと思えばできることですが、非常に手間です。

また、引き直し計算の結果、過払い金が発生していたとしたら返還請求を行うわけですが、相手は金融のプロであり、それなりの知識がなければ押し切られてしまうのは目に見えています。

代理人にお願いするのがおススメ

初めから代理人にお願いするのが一番「楽」ですし、「確か」です。

取引履歴を取り寄せ、引き直し計算をし、過払い金が発生しているかどうかを確認してから、代理人と契約する場合がほとんどですので、もし、過払い金が発生しているのか分からない場合には、とりあえず一度代理人となる「司法書士」や「弁護士」に相談してみるのが良いでしょう。

代理人の選び方

アヴァンス法務事務所



« 借金完済後、解約してから過払い金請求をするの? | ホーム | 過払い返還請求の代理人の対象地域は? »

事例一覧

過払い金返還請求の行動を起こしたからこそ、戻ってきたお金

孫と笑顔で接することが出来る環境が今ではあるのが嬉しい

失われた時間は戻らない。過去にと捉われず、新しくスタート!
※実際の体験者の方の声を掲載させていただいています。

このページの先頭へ