過払い返還請求の代理人の対象地域は?

過払い金返還請求をする時に代理人を付けるのが一般的ですが、「代理人の対象地域はどのあたりまでなの?」という疑問があるようですので、お答えします。


結論から言いますと、少なくても大手の場合は『全国が対象』です。


極端な話、あなたが北海道に住んでいたとして、沖縄の代理人のお願いすることも可能なのです。なので、わざわざ近くの代理人にお願いする必要はありません。

なぜ全国が対象となるのか?

過払い金請求の流れ&気になる費用」にあるように、過払い金返還請求をする時に、貸金業者と代理人は直接会うことはありません。勿論、当事者であるあなたも貸金業者に会うことはありません。全て「郵便」もしくは「電話」でやり取りが完了してしまうのです。

そのため、交渉する貸金業者と代理人の距離は関係ありません

次にあなたと代理人の距離なのですが、最近では全国出張無料の代理人が多いのが現状です。そこで疑問に思うかもしれません。

「依頼人と代理人の距離が離れていたら、相談するときの出張費がかなりかかるのでは?」

確かにそうかもしれません。しかし、代理人にとってみれば、過払い金返還請求は非常に利益率の高い仕事なのです。依頼人と会い、書類を取り寄せ、交渉をすれば、ほぼ過払い金は戻ってきます。交通費程度の出費をしたところで、十分利益を出せるのです。

このようなこともあり、全国どこへでも出張する代理人が増えているのです。ただし、発生している過払い金の金額が非常に少なく、利益が取れない場合には、依頼自体を断る代理人もいるそうです。いずれにせよ、一度自分の状況を話して相談してみると良いでしょう。


近くでないと不安

例えば、代理人事務所があなたの住んでいる家の隣にあったとしても、実際に行く機会はありません。ほとんどのやり取りが電話になります。なので、どの地域にいる代理人を利用しても問題はありません。


ただし、場合によっては事務所に行くこともあります。

  • 「代理人契約をする時」
    ほとんどの事務所がこちらの指定した場所へ出向いてくれます。
  • 「返還されたお金を取りに行く時」
    指定口座へ振り込んでくれます。

ただし、この2回は『敢えて代理人事務所に行くのであれば』ということで、特に行かなくても問題なく返還請求の手続きは行えます。

※初めにお願いする代理人事務所に確認してみてください。

アヴァンス法務事務所



« 過払いが発生しているか分からないのですが? | ホーム | 消費者金融が破綻しそうになったら返還請求? »

事例一覧

過払い金返還請求の行動を起こしたからこそ、戻ってきたお金

孫と笑顔で接することが出来る環境が今ではあるのが嬉しい

失われた時間は戻らない。過去にと捉われず、新しくスタート!
※実際の体験者の方の声を掲載させていただいています。

このページの先頭へ