第6話 結婚生活の中で・・・

結婚生活は何もかも順調だった。


しばらくは共働きをしていた。生活費は基本的に僕の収入の中から出していた。もし足りないことがあれば、その分を彼女に出してもらっていた。


結婚した翌年、子どもができ、彼女は仕事を辞めた。家庭内の収入が減り、僕の収入だけで生活をすることとなった。


それでも、贅沢をしなければやっていけないことはなかった。

些細なことから秘密が知られた

ある日、また僕はバカをしてしまった。


毎月の返済の際にATMで発行される貸金業者との取引明細を、家のゴミ箱に捨てそれを妻に見られたのだ。


借金の秘密が妻に知られた「なにこれ?」


当然こうなる。


「何に使ってたの?」


答えられるはずがない。君の気を惹きたくて、使っていたなんてあまりにも格好悪すぎる。


「ごめん・・・。」


この一言しか言えなかった。


悲しそうな目で僕を見ていた妻が動いた。


「はいっ」


彼女は自分の預金通帳を僕に差し出した。


「私が結婚するまでに貯めたお金が入っているから、これで返済してきなよ。」


この光景、過去にも見たことがある。そう、以前、母親が僕にしてくれたことだ。


「ごめん・・・ありがとう・・・。」


格好悪い・・・。格好悪すぎる。何やってんだ俺は・・・。


彼女に良い所を見せたくて、再び借金を始めた。それが結局自分の力で返済することも出来ず、彼女にお金を出させてしまう結果に・・・。自分が情けない・・・。


こうして、再び貸金業者との取引は終わった。


毎月妻には1万円ずつ返済すると約束をして。

« 第5話 自ら足を踏み入れた | ホーム | 第7話 周りの人間に見栄を張り »

このページの先頭へ