第9話 知り合いの司法書士に連絡

書類早速、知り合いの司法書士事務所に、連絡し会う約束を取り付けた。


その際に言われたことが、「運転免許証」「印鑑」「今までの貸金業者とのやり取りの書類」を持って来て欲しいということだった。


「貸金業者との書類・・・かぁ・・・」


始めて契約をしてからずいぶん経つ。その時の書類はどこにあるのかさえ見当もつかなかった。手元にあったのはキャッシングカードのみだった。

予想外の金額


約束の日、司法書士事務所に出向いた。


そこで、今までの貸金業者との経緯を全て話した。


その結果、司法書士が言った。


「過払い金発生しているでしょうね。100万円とまでは言わないけど50万円後はあってもおかしくないね。」


「え!?50万円???」


予想外の大きな金額だった。


それと同時に、そんなにも余分に返済していたかと思うと、腹が立ってきた。


「どうする?過払い金返還請求する?」


返事するまでもない。当然だ。


司法書士の目を見て、僕は強くうなずいた。

« 第8話 過払い金返還請求? | ホーム | 第10話 司法書士と代理人契約 »

このページの先頭へ