コンプガチャで「過払い請求」を知った

ある日、友人にこんなことを言われました。

「コンプガチャが問題になっている。一昔前のように過払い金が問題になるかもね。」

しかし、私は『コンプガチャ』や『過払い金』という言葉を知りませんでした。

「コンプガチャ」を調べてみた

ちょっと調べてみて分かったことは、「コンプガチャ」は「コンプリートガチャ」と呼ばれるもので、ソーシャルゲームをする際に、お金を出してアイテムを集めることらしいということでした。ゲームを優位に進めたり、レアなアイテムを揃える際に金銭が発生するといったものです。

この「コンプリートガチャ」は以前から問題になっているようで、珍しいアイテムが欲しいがゆえに、有料で何度もくじ引きをして、その結果、高額な料金が請求されたという相談が今までにも発生していたようなのです。


そしてこの方法を消費者庁が「景品表示法が禁止している手法に該当する」と考えたのです。


私自身ソーシャルゲームをしているわけではないためピンと来ませんでしたが、要するに『払い過ぎた金額は戻る可能性がある』と解釈しました。それが「過払い金」ということらしいのです。

「過払い金」を調べてみた

次に「過払い金」について調べてみました。どうやら消費者金融などで長期間借り入れや返済を続けていた場合、余分にお金を返している可能性がると言うものらしいのです。


「長期間の借り入れや返済・・・ん?」


私には約10年もの間、消費者金融からお金を借りていた経験がありました。現在では完済していますが、完済したのはここ1、2年の話。完済後、10年未満であれば消費者金融に対し過払い金返還請求が出来るとのことだと分かりました。


ということで、私は「もしかすると自分も対象者かも」と考え、知り合いの税理士に相談してみることにしました。

ホーム | 司法書士を紹介してくれた »

このページの先頭へ