元 貸金業者従業員の話

ここではお金を貸していた側の「貸金業者で働いていた経験のある方のお話」を掲載しています。


貸金業者で働いている間、多くの方がお金を借りていく姿を目にしたそうです。計画的に返済が出来る人もいれば、そうではない人もいたそうです。


なぜ貸金業者で働き始めたのか?会社の内情はどうだったのか?元貸金業者が勧める賢い借金生活とは?を紹介しています。



貸金業者で働き始めた

私は、若い頃にかなり多く借金をしていました。良くも悪くも『金を借りる』ということに興味があり、貸す側の人間になってみたいと思っていました。と言うこともあり、就職先を貸金業者にしようと決めました。一番最初に働いたのは繁華街にあった貸金業者でした。その当時は、大手の部類に入っていたと思います。なぜ数ある貸金業者の中からそこを選んだかというと「お給料が良かったから」という理由でした。私自身も借金が多く、一人暮らしをしていたので、少しでもお給料の良い会社に入らないと生活がしんどかったからです。

貸金業者の内情について

貸金業者ってなんか怖いイメージを持っている方が多いと思います。そういった映画やドラマがありますからね。会社によって雰囲気は違うとは思うのですが、そして、もうかなり昔の話なので今とはまた違うかもしれないのですが、映画やドラマで想像する貸金業者のイメージを多少和らげた感じでした。

元貸金業者がススメる賢い借金生活方法

元貸金業者の社員でありながら、私自身も借金ライフを長らく送っておりました。そんな私がおススメする正しい借金の方法とは、「色々な会社から借金をするのではなく、おまとめローンにすること」です。

このページの先頭へ