貸金業者で働き始めた

私は、若い頃にかなり多く借金をしていました。良くも悪くも『金を借りる』ということに興味があり、貸す側の人間になってみたいと思っていました。と言うこともあり、就職先を貸金業者にしようと決めました。一番最初に働いたのは繁華街にあった貸金業者でした。その当時は、大手の部類に入っていたと思います。なぜ数ある貸金業者の中からそこを選んだかというと「お給料が良かったから」という理由でした。私自身も借金が多く、一人暮らしをしていたので、少しでもお給料の良い会社に入らないと生活がしんどかったからです。

私が、携わった仕事はATMの管理や、来店者への接客対応、事務雑務といったところでした。勤めていた期間も短かったので結局、表向きのお仕事だけでしたが、何年、十数年と勤めている人は本部(と言っていたように記憶しています)でまた別のお仕事をしている人もいました。

どうして辞めてしまったのか・・・と言うことですが、もう、かなり前の事ですので、理由は忘れてしまいましたが少しの期間ですが、色んな社会勉強をさせてもらいました。今から考えると、結構人間のいろんな部分が見えて面白かったという印象だけが今でも残っています。

お客さんはどのような人がいたのか?

私が働いていた貸金業者は、繁華街にあり少し行けば大きなビジネス街、反対の方向に行けば歓楽街、また、別の方向に行けば繁華街という立地にありました。ですので、飲食店に勤務されている人、
サラリーマン、自営業の人・・・本当に色んな業種の人が来られていたのを記憶しています。お店を経営している方もいらっしゃいましたね。


私が勤めていた頃は、まだ消費者金融はそんなに浸透していない頃でしたので、サラリーマンの人は比較的少なかったように記憶しています。飲食店に勤務されている人や自営業の人が多かったです。


こちらの会社ではありませんが、銀行のカードローンのコールセンターでアルバイトをしていた時には看護師さんや、生命保険会社の人・・・と女性が多かったです。この銀行は、地方銀行でかなり老舗のお店でした。また、別の会社でスポーツ新聞媒体でやっていた貸金業者では、ほぼ男性で、契約社員や自営業をしている人が多かったです。


このように、一括りに「サラ金」「ローン」と言っても、地域や場所、貸金業者、銀行という借入先が違えば、申し込みをする人もこれだけ違うのだと感じました。私がいた貸金業者は、立地柄ラウンジ経営されている女性がいたというのが特徴でした。

どのくらいの金額を借りていたのか?

このように様々な業種、性別の方がお金を借りに来ていたわけですが、借りる金額は人それぞれ異なっていました。と言うよりも「お金を借りる意識」が異なっていました。

「できるだけ多く借りたい」という人もいましたし、「私は○○万円(少額)でいいです」という人もいました。しかし実際の所、後者は少なかったですね。


比較的大手の貸金業者でしたが、超大手と言われるア〇ムやア〇フルという
ネームバリューのある会社ではありませんでしたので、信用情報の照会をすると、まっさらの人はほぼいませんでした。既に1~2件は借入している人がほとんどで、平均すると2~3件位の人が多かったです。


収入や職業によっても審査基準が変わってきますので借入金はいくらと言うのはありませんでしたが、大体既に10~50万円の借金を抱えている人がお金を借りに来ていました。


今のようにおまとめローン的なローンはなく借金返済の為にまた別のサラ金会社から借金をするという人が多く、10~30万円を数社から借りているという人が多かったのです。


私の勤めていた貸金業者の基準として、信用情報をチェックし既に5社以上の借り入れがあるとお断りすることもありましたし、そういうデッドラインの人はだいたい10万円位の融資でした。勤務先によっては、5万円という人もいました。反対に、しっかりとした会社の方等は30万円位の融資をしている場合もありました。


ですから、人によってお金を貸す額が異なっていたということになります。借り入れや勤務先等によって、様々と言う感じでした。しかし、一つ返済が遅れがちな人、一度かなり遅れたことのある人も融資額が減る要因の一つでした。

返済は出来ていたのか?

私がその会社で働いていたのは1年位でした。その間の仕事といえば、決められた時間にATMに行きメンテナンスをすることと、店頭に来られたお客さんの対応をすること、事務雑務の仕事でした。


店頭に来られるお客さんのほとんどが新規に借り入れを希望される方でした。今では、インターネット申し込みや無人ATMでの申し込み、郵送等様々な方法がありますが、その頃は、基本店頭に来店し申し込みをするという形でした。


中には、年配の方で「ATMの操作が分からない」と言う人は店頭で返済をされる人もいらっしゃいましたが、希でしたね。しかし、返済に店頭に来られる人の大半が全額返済をされる方でした。全額返済の場合、元金、その日までの利子を計算しその全額を返済し返済が終了するという感じでしたので、店頭に来られる人が多かったです。


私も借金をしていた経験があり、全額返済をしましたが、一番最後に全額返済をした時には遠方で店舗に行けず、サラ金会社の人は出来れば店頭で手続きして欲しいと言われましたが、どうしても無理でしたので、その日までの利子を計算し振り込みをする形をとりました。振り込みとなると、本当にその日までに振り込みをしないと利子の額が変わってくるため、あまりおススメされていないようでした。


そんな感じで、店頭に返済に来られる方の大半は全額返済をされる方がほとんどでした。これはあくまでも「店頭に返済に来られた人の場合」です。

ホーム | 貸金業者の内情について »

このページの先頭へ