貸金業者と契約した際の契約書がない

貸金業者と契約したときの契約書がなくても、過払い金返還請求は出来ます。あった方が代理人は交渉をしやすいという点は否めませんが、そこまで大きな問題ではありません。同じようにその他の関連書類がなかったとしても、特に問題はありません。


なぜ書類がなくても良いのか?

なぜ、関連書類がなくても過払い金返還請求ができるのかというと、過払い金返還請求をする際にまず行うことは、「取引履歴」を取り寄せます。この取引履歴には、あなたと貸金業者との取引の全てが詳細に掲載されています。


つまり、この取引履歴を見ることで、あなたと貸金業者との間に、間違いなく取引が存在していたということが分かるのです。


取引履歴は必ず保管されている


貸金業者は法律上、取引履歴を保存しておかなければいけません。代理人が取引履歴を取り寄せるときに、契約書などの関連書類があればスムーズに取引履歴を取り寄せることが出来ます。ただし、関連書類がなくても、取引していた事実があれば、取り寄せることは可能です。


そして、貸金業者には取引履歴の開示義務があります。開示を拒否することは違法となります。


関連書類がなくても諦めなくても良い

以上のように、貸金業者と交わした契約書や関連する書類が全くない状態でも、過払い金返還請求をすることは可能です。


同じように、例えばお金をATMで引き出したり、返済していた場合に発行される明細書も特になくても構いません。もし保管しているようであれば、代理人の作業がはかどるという意味で初めに提出した方が良いと思います。

過払い金請求で明細がないのですが

アヴァンス法務事務所



ホーム | 完済してから10年以上経過している »

事例一覧

過払い金返還請求の行動を起こしたからこそ、戻ってきたお金

孫と笑顔で接することが出来る環境が今ではあるのが嬉しい

失われた時間は戻らない。過去にと捉われず、新しくスタート!
※実際の体験者の方の声を掲載させていただいています。

このページの先頭へ