代理人は依頼後、すぐに行動してくれますか?

過払い金返還請求において、重要な役割を果たすのが「代理人」です。

基本的には、すぐに行動してくれる

代理人事務所にもよりますが、基本的にはすぐに行動してくれます。なぜなら、依頼主に過払い金が発生していれば、高確率で返還されますし、返還されるということは代理人の利益になるためです。

また、時間をかければかける分、貸金業者が破綻してしまうリスクがあるためです。

しかし、最近では司法書士事務所や弁護士事務所が宣伝競争を行っていて、多くの依頼人を集めています。

そういった事務所は請け負っている案件が膨大なため、なかなか行動に移せないこともあるようです。

すぐに行動に移してもらいたい方は、初めの段階で

「いつ行動を始めてくれるのか?貸金業者に受任通知を送ってくれるのか?」

などを確認すると良いと思います。

正しい代理人の選び方

もしすぐに行動してくれないのなら

もし、代理人との契約の前で、すぐに行動してくれそうもない場合には、他の代理人を探しましょう。

もし、代理人と契約をしてしまった場合には、契約が解除できるかどうか確認し、できないようであれば、そのまま任せるしかありません。

アヴァンス法務事務所

このページの先頭へ