司法書士から連絡があった

約1ヵ月ぶりに司法書士事務所から連絡がありました。代理人になってくれるお願いをしてからずっと連絡をしていなかったのですが、今回の連絡は過払い金がどのくらい発生しているのかというのが判明したとのことでした。


元々、連絡は最小限に留めるというお話でしたので、その心構えがあったため、1ヵ月もそう長くは感じませんでした。

発生していた過払い金は案外少なかった

幸か不幸か、私の発生している過払い金は、当初想像していた金額よりもずっと少なく26万円ほどでした。


これは司法書士が引き直し計算をした結果ですので、間違いのない数字です。


ここから、代理人である司法書士と貸金業者の交渉が始まります。満額変換されるのはなかなか難しいということですので、最低ラインを聞かれました。つまり、譲歩できる返還額です。


私は「20万円」と答えました。

貸金業者と交渉する前には必ず連絡がある

今回のように、代理人が貸金業者と交渉に入る際には、必ず依頼人に連絡があります。そして譲歩できる金額も聞いてきます。


勝手に交渉は始めませんし、返還額も決めません。それをしてしまうと信用問題に繋がります。


もし、そのようなことをしそうな司法書士事務所であれば、この段階で代理人を断っても良いと思います。まだ、過払い金が返還されているわけではないので、代理人報酬を支払う必要がないためです。

« 司法書士を紹介してくれた | ホーム | 和解金が決定 »

このページの先頭へ