確定申告時期のためか

確定申告時期のためでしょうか?


返還された過払い金と所得税との関係性をチェックする方が増えてきたように思えます。

このことについては、「返還された過払い金に税金はかかるの?」でも説明をしていますが、税金を払う場合と払わない場合があります。


税金を支払う場合

利息が付けられて過払い金が返還された場合。

税金を支払わない場合

過払い金の元本
他の借金に返還された過払い金を払った。

ただ、素人からすると、こういった言葉自体が難しく感じます。

簡単に言いますと、過払い金自体は「雑所得」という分類に入ります。雑所得は年金や印税やインターネットオークションなどの利益などを指します。


Wiki「雑所得」

Wikipediaを参照させてもらうと、次のような感じになっています。


年末調整を受けた給与所得者の1年間の雑所得の所得金額(収入から必要経費を差し引いたもの)が20万円を超えると、確定申告する義務がある。20万円以下なら確定申告してもしなくてもよい(雑所得以外の要因による確定申告の義務がある場合は別)。


ここが重要ですね。


一応、過払い金返還を行う前や行った後に、代理人にしっかりと聞いた方が良いと思います。

« 偽りの情報に騙されないように | ホーム | 過払い金の折り込みチラシ »

このページの先頭へ