過払い金返還請求を行うとブラックリストに載りますか?

よくこのようなことを耳にします。

「過払金返還請求を行うとブラックリストに載ってしまう」

というような内容です。


これは返還請求を行う人の状態にもよりますが、「借金を完済」している状態であればブラックリストには載りません。つまり逆を言うと、借金を完済していないのに返還請求を行うとブラックリストに載る可能性があるということです。

一般的に言うと

過払い返還請求を行う人は次のどちらかです。

過払い金返還請求を行うのはどちらかの場合です。


では、それぞれをもう少し詳しく説明してみます。

1.既に借金を全て返済した

既に借金を全て返済し終えた人が、過払金返還請求を行った場合にはブラックリストに載ることはありません。


なぜなら、過払金が発生していること自体が貸金業者が違法な状態であるため、余分に払ったお金を返還請求するのは当然のことだからです。

2.現在返済をしている場合

例えば、現在貸金業者と取引を続けているとしましょう。まだ、100万円借りている状態で返還請求を行い、90万円が戻ってきたとします。その戻ってきた90万円を返済し、残りの負債を10万円まで減らしたとします。


こういった場合は、ブラックリストに載る可能性があります。ブラックリストに載ると、新たに借金をすることは出来ないし、ローンを組むこともできません。


ただし!!!

次のような方は、借金返済中であっても過払金返還請求を行った方が良いかもしれません。例えブラックリストに載ったとしてもです。

  • 複数の消費者金融に借り入れをしている(債務整理目的)
    複数の消費者金融から借り入れをしている場合には、債務整理を行うことで、全ての借金を一本化できる可能性があります。また、同時に返還請求することで、借金の総額を減らせる可能性があります。
  • 消費者金融からの取り立てに困っている

  • 消費者金融からの取り立てや、返済の催促、仕事場への現れるといったことに困っている場合は、代理人を立てることでそれらの行為はなくなります。更に戻ってきた過払金で借金の額も減らすことが出来ます。

どちらを選ぶのか。

  • 一度、頑張って返済した後に過払金返還請求を行う。(貸金業者が破綻しないことが前提)
  • ブラックリストには載る可能性が大きいが、「催促を止めるため」、「負債を一気に減らすため」、「毎日のストレスを減らすため」に過払金返還請求を行う。

どちらにするのかは、それぞれ各個人の借金の状況によって異なります。代理人に全て正直に話して、どんな方法がベストなのかを相談してみると良いでしょう。

アヴァンス法務事務所



« 過払い100万で実際戻ってくる額は? | ホーム | 過払い金が無い場合はあるの? »

事例一覧

過払い金返還請求の行動を起こしたからこそ、戻ってきたお金

孫と笑顔で接することが出来る環境が今ではあるのが嬉しい

失われた時間は戻らない。過去にと捉われず、新しくスタート!
※実際の体験者の方の声を掲載させていただいています。

このページの先頭へ