借金から逃げられ(バックれられ)ますか?

何事にも時効があり、借金にも時効があります。銀行や貸金業者などからお金を借りていた人は、5年経過することで「時効の権利」を得ます。権利を得るだけであり、お金を借りていた相手に内容証明を送り「時効だよ」と主張をしなければ時効が成立しないのです。

参照:⇒「時効」になれば返さなくていい!?/AllAbout

正直、借金から逃げることはおススメできません。多くのリスクを伴うし『借金から逃げるための人生』になってしまうからです。全ての中心に『借金』があり、それを軸として振り回されるようになるからです。

借金には時効がある たかが5年、されど5年

「え?5年バックれればいいの?楽勝じゃね?(若者風)」


そういった会話を聞いたことがあります。しかし逃げるというのは実はお金を返すよりも労力と精神力のいることだと思います。

前提として、お金を貸している人は『プロ』です。お金を貸し利子を得ることで商売をしています。そう簡単に逃がすことはしません。徹底的に探します。


探す方法として、まず契約したときの情報を元に電話がかかってきます。また、住所も知らせてあるため、郵便が来ます。まず、この電話と郵便を無視し続けなければいけません。さらに、家に直接取り立てにも来ることもあります。これも無視し続けなければいけません。


度重なる催促をあなたは無視し続けることができますか?さらに、場合によっては裁判を起こされます。そうなると逃げることはさらに難しくなります。

無視し続ければ大丈夫!?

「あ、大丈夫。無視し続けるから」

借金をし返済をしなければ連絡が来ます。何度か電話連絡が来て、それでも対応しなかった場合には、貸金業者にもよるとは思いますが、直接回収しに家まで訪問しに来ます。

それでも無視をし続けた場合、貸金業者は諦めるかと言うとそんなことはありません。返してもらえなければマイナスですから、借金の回収業者に回収作業の代行を依頼する可能性もありますし、可能性として一番大きいのは「裁判に持ち込まれること」です。

裁判所から通知が来たらもう無視することは出来ません。


引っ越せば問題解決!?


「あ、大丈夫。引っ越すから」


そう言われたことがあります。住民票から住所を割り出すことで、催促に来るため、引っ越せば何とかなると思っている人も多いようですが、本当にそうでしょうか?いくつか問題点があります。


まず、借金から逃げている状態で、新しい引っ越し先に住民票を移すことは出来ません。移したら引っ越し先が貸金業者に分かってしまいます。住民票を移せないということは多くのデメリットがあります。


参照:⇒「引越したら住民票って必ず移さないとダメなの?/SUUMO


また、引っ越し費用も掛かってきます。


勤務先も変更

借金から逃げるということは勤務先も変更することになるでしょう。引っ越したとしても勤務先が同じであれば、簡単に見つかってしまいます。


長年勤めた勤務先を簡単に辞められますか?また新しい職場になったら、給料も一気に下がってしまいます。また、年齢を重ねるたびに就職自体しにくくなります。家族のある人は大きな障害となってしまいます。


借金から逃げるのはとにかく大変

いずれにせよ、借金から逃げるということは大きなリスクを伴いますし、費用も掛かります。さらに、モラルの面でも自分に耐えられるでしょうか。借りたお金を返さないわけですから。

なので、借金から逃げるよりも、借金と向き合った方が良いと思います。借金で苦しんでいる人は数多くいます。そういった人たちのために、「債務整理」や「自己破産」というものがあります。ただし、自己破産をしてしまうとやはりリスクがあるので、まずは「過払い金返還請求」を行ってみるのをおススメします。


これだけでも借金を大きく減額できたり、完済できる可能性があります。

アヴァンス法務事務所



« 自己破産の前に過払い金返還請求をした方が良いですか? | ホーム | 過払い金の和解金額が低いのですが? »

事例一覧

過払い金返還請求の行動を起こしたからこそ、戻ってきたお金

孫と笑顔で接することが出来る環境が今ではあるのが嬉しい

失われた時間は戻らない。過去にと捉われず、新しくスタート!
※実際の体験者の方の声を掲載させていただいています。

このページの先頭へ